ファッション

松屋銀座の屋上で、”美しくなるビアガーデン”を開催

 松屋銀座は5月29日〜9月30日まで、"美しくなるビアガーデン"を屋上の「ソラトニワギンザ」で開催する。屋上ビアガーデン3年目となる今年は"潤い"をテーマに、女性にうれしいヘルシーメニューをそろえ、仕事帰りのキャリアウーマンが気軽に使えるビアガーデンを目指す。期間中の目標売上高は1億4000万円。

 1人5000円のセットメニューでは、ウェルカムフルーツやスパークリングワインが付いた、上州せせらぎポークのバーベキューや塩麹を使ったフライドチキン、ミネラル入りのライ麦パンなどが楽しめる。2時間フリードリンク制で、浴衣を着て来店した顧客には無料でかき氷も提供。

 松屋銀座開店90周年を記念して、VIP席でスペシャルメニューが楽しめるプランも登場する。担当スタッフがゲストをもてなし、ウェルカムドリンクのモエ・エ・シャンドンや同プランだけの特別メニューやデザートなどが1人9000円で楽しめる。要事前予約で、4人からオーダー可能。銀座で採取したハチミツを使用した、"銀座ハチミツのふわふわかき氷サンデー"や"ハニーカクテル"、ボトルワインなども有料で取りそろえる。

 ビアガーデン手前には、バーカウンターを設け、アルコールだけ楽しむこともできる。テーマに沿って、"瞳にも潤い"を与えてくれる、"できるだけイケメン"のウエイターがゲストを迎えてくれる。

 さらに7階呉服売り場では7月21日まで"大人パステル"をテーマにした、浴衣フェアを開催。同ビアガーデンのオープン初日には、浴衣のファッションショーも披露された。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら