ファッション

松屋銀座の屋上で、”美しくなるビアガーデン”を開催

 松屋銀座は5月29日〜9月30日まで、"美しくなるビアガーデン"を屋上の「ソラトニワギンザ」で開催する。屋上ビアガーデン3年目となる今年は"潤い"をテーマに、女性にうれしいヘルシーメニューをそろえ、仕事帰りのキャリアウーマンが気軽に使えるビアガーデンを目指す。期間中の目標売上高は1億4000万円。

 1人5000円のセットメニューでは、ウェルカムフルーツやスパークリングワインが付いた、上州せせらぎポークのバーベキューや塩麹を使ったフライドチキン、ミネラル入りのライ麦パンなどが楽しめる。2時間フリードリンク制で、浴衣を着て来店した顧客には無料でかき氷も提供。

 松屋銀座開店90周年を記念して、VIP席でスペシャルメニューが楽しめるプランも登場する。担当スタッフがゲストをもてなし、ウェルカムドリンクのモエ・エ・シャンドンや同プランだけの特別メニューやデザートなどが1人9000円で楽しめる。要事前予約で、4人からオーダー可能。銀座で採取したハチミツを使用した、"銀座ハチミツのふわふわかき氷サンデー"や"ハニーカクテル"、ボトルワインなども有料で取りそろえる。

 ビアガーデン手前には、バーカウンターを設け、アルコールだけ楽しむこともできる。テーマに沿って、"瞳にも潤い"を与えてくれる、"できるだけイケメン"のウエイターがゲストを迎えてくれる。

 さらに7階呉服売り場では7月21日まで"大人パステル"をテーマにした、浴衣フェアを開催。同ビアガーデンのオープン初日には、浴衣のファッションショーも披露された。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら