ファッション

「エミリオ・プッチ」がフィレンツェでアートインスタレーションを発表

 「エミリオ・プッチ」は、ピッティ・イマジネ・ウオモ会期中にイタリアファッションのプロモーションと国際化を推進する非営利団体「チェントロ・ディ・フィレンツェ・ペーラ・モーダ・イタリアーナ」の60周年を記念した取り組みとして、「モニュメンタル・プッチ(MONUMENTAL PUCCI)」を実施した。「モニュメンタル・プッチ」はフィレンツェ市、イタリア経済開発省、イタリア貿易振興会の支援のもと行なわれた。

 「モニュメンタル・プッチ」では、エミリオ・プッチのアーカイブスカーフ「バティステッロ」のスケッチを用いてサン・ジョバンニ洗礼堂の建物全体を装飾し、地中海の景色のようなレモンイエロー、オレンジ、フューシャでサン・ジョバンニ広場上空の眺めを表現。八角形の建物のうち七つの側面は約2000平方メートルのバティステッロのキャンバスで建物の外形沿いを飾った。

 「エミリオ・プッチ」では、特別プログラム開催を記念して、「DESIGN THE FUTURE」と称した「バティステッロ」のドローイングやプリントのテクニックを披露。6月18日と19日にはフィレンツェのエミリオ・プッチのブティックでも「DESIGN THE FUTURE」を開催し、スカーフのクリエーション体験とともに、一部のカラーを店頭で実際に販売した。なお、このカラーは日本でも販売を行なう予定だ。