ニュース

ネペンテスNYがイラストレーターの長場雄によるポストカードアート展を開催

 セレクトショップのネペンテス ニューヨークは、イラストレーターの長場雄によるポストカードアートの個展「アイ センド(I SEND)」を7月8日まで開催している。同展では、長場自身が日本からニューヨークに郵送したポストカードを展示。そこには、ジョン・レノン、ウディ・アレン、ビースティボーイズなど彼が影響を受けたニューヨーカーが描かれている。長場は「ずっと東京で生活してきたが、映画や音楽、アートなどニューヨークの文化の影響を受け続けてきた。僕がシンプルな線画タッチの絵を描くようになってからさまざまなニューヨークのカルチャーアイコンを描いてきた。今回、ニューヨークと日本をつなげるネペンテス ニューヨークで個展を開催するにあたり、僕の通ってきたニューヨークカルチャーを描きたいと思った」と話した。長場は人物の特徴を捉えたシンプルな線画が持ち味で、雑誌「ポパイ(POPEYE)」の表紙イラストなどを手掛けている。

 ネペンテスは日本で現在5店舗を運営している。ニューヨークの店舗は2010年、昔から問屋や工場が集まるガーメントディストリクト地区にオープンした。オリジナルブランドの「ニードルズ(NEEDLES)」「エンジニアドガーメンツ(ENGINEERED GARMENTS)」などの他、ニューヨークの店舗ではセレクトしたバッグ、シューズ、キャンドルなども販売する。店舗の天井が高く、イベントスペースとして壁面を大きく使うことができることから、不定期にインスタレーションを開催している。過去には「タカヒロミヤシタザソロイスト.(TAKAHIROMIYASHITATHESOLOIST.)」の宮下貴裕デザイナーのショップ「グローサリーストア」のポップアップストアも開催された。