ニュース

ジョルジオ アルマーニ40周年記念し「アルマーニ シーロス」オープン ミラノの新名所に

 ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)は5月1日、40周年を記念して一般公開する新施設「アルマーニ シーロス(Armani / Silos)」をミラノ(via Bergognone 40,Milan)にオープンした。前日の4月30日には、世界各国からセレブリティーやファッション業界関係者を招いてのお披露目と、10周年迎えたオートクチュールライン「アルマーニ プリヴェ」のアーカイブ・ショーを開催。トム・クルーズやレオナルド・ディカプリオ、ケイト・ブランシェット、ソフィア・ローレン、ティナ・ターナーといったセレブリティーが続々と姿を見せてデザイナーのジョルジオ・アルマーニを祝福した。

 シーロスは、イタリア語で「貯蔵庫」を意味する。1950年頃に穀物倉庫として造られた建物を改築し、ジョルジオ アルマーニ社のクリエイションを"蓄積"し公開する広大なスペースへと生まれ変わった。窓のない4層階・4500平方メートルのスペースは40室からなり、展覧会などを開く広大なイベントスペースに加え、ギフトショップやカフェテリア、デジタルアーカイブ施設などが入る。シンプルながら材質にこだわった内外装で、天井高を生かして照明を巧みに操り存在感を放つ。「ジョルジオ アルマーニ」のクリエイションそのものと言える空間だ。

 イベントスペースでは5月1日から「ジョルジオ アルマーニ」40周年を記念した展覧会を開催。アーカイブから550体のルックと200点のアクセサリーをテーマに合わせて展示している。1日以降は一般公開する。

 ミラノでは5月1日からミラノ万博が開幕し、ジョルジオ アルマーニはアンバサダーの一人でもある。記者会見では自ら先導して館内を案内するなどメディアの前に積極的に立ちそのカリスマ性を発揮し、世界の目をミラノに向けることにも一役を買った。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら