ファッション

若手デザイナーの登竜門ウールマーク・プライズに「タロウホリウチ」「リベルムアルビトリウム」がノミネート

 若手デザイナーの登竜門であるインターナショナル・ウールマーク・プライズ(IWP)2015-16年秋冬のノミネートが発表され、日本から「タロウホリウチ」と「リベルムアルビトリウム」が選出された。

 「アギ & サム」や「クリスタセヤ」など、各国からメンズ&ウィメンズ合わせて70ブランドのデザイナーがファイナリストの候補者として上がっている。今後、地区予選を経て、メンズとウィメンズ部門の最終選考会が行われグランプリを決定する。

 IWPのグランプリは賞金が10万豪ドル(約951万円)と高額であることに加え、ハーヴェイ・ニコルズやサックス・フィフス・アベニュー、伊勢丹新宿店などの世界の有力小売店で販売できる権利も得られる。なお、前回のグランプリは4月29日に「DKNY」のクリエイティブ・ディレクターに指名された「パブリック スクール(PUBLIC SCHOOL)」が受賞した。アジア代表として参加した「シセ(SISE)」は惜しくも受賞を逃している。

【関連記事】
ウールマーク賞のメンズ部門は「パブリック・スクール」が受賞
ウールマーク賞のファイナリストに「シセ」が選出 世界の若手デザイナーの登竜門に挑む

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら