ファッション

関西のアイウエアショップ ジービーガファスが東京初出店

 グラッシーズは、アイウエアのセレクトショップ ジービーガファス(G.B.GAFAS)を12月23日、渋谷のキャットストリート近くにオープンする。大阪・梅田、南堀江、京都に次ぐ4店舗目で、東京初出店だ。店舗面積は約66平方メートル。「オリバーピープルズ(OLIVER PEOPLES)」「イエローズプラス(YELLOWS PLUS)」など国内外の有力アイウエアブランドのほか、一部オリジナルブランドがならぶ。ロサンゼルスの「ジャックマリーマージュ(JACQUES MARIE MAGE)」、フランスの「クレモントガバナー(CLEMENT GOUVERNEUR)」「アレム(AHLEM)」などは、同店独自のセレクトだ。漆畑博紀グラッシーズ常務取締役は、「ファッションやカルチャーとアイウエアを融合したショップコンセプト。木を基調にした内装は、南フランスのアトリエをイメージした。商品の価格帯は幅広く、若年層をターゲットにしている」と話した。同社は、その他、アイウエアショップ デコラ(DECORA)を神戸と丸の内で運営している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら