ファッション

イーキン・インが正式にオートクチュリエの称号を獲得

 中国人デザイナーのイーキン・イン(Yiqing Yin)が12月16日、フランス産業省からオートクチュリエとしての称号を与えられ、パリ・クチュール組合(Chambre Syndicale de la Couture Parisiennes)に正式に加盟した。12月4日に「レオナール(LEONARD)」のクリエイティブ・ディレクターを退任したばかりの彼女は、これまでゲストデザイナーとして自身のクチュールブランド「イーキン イン(YIQING YIN)」を発表してきた。

 現在パリ・クチュール組合には「シャネル(CHANEL)」や「クリスチャン ディオール(CHRISTIAN DIOR)」「アレクサンドル・ヴォチエ(ALEXANDRE VAUTHIER)」「ブシュラジャラール(BOUCHRA JARRAR)」など14のクチュールメゾンが加盟し、「ジョルジオ アルマーニ プリヴェ(GIORGIO ARMANI PRIVE)」「アズディン アライア(AZZEDINE ALAIA)」など7の招待デザイナー、12のゲストメンバーが在籍している。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら