ファッション

「ジェラート ピケ」がジョエル・ロブションとコラボ

 マッシュスタイルラボが運営する「ジェラート ピケ」がフレンチレストランとして三つ星を獲得し、日本のフレンチ業界に影響を与えたジョエル・ロブションとコラボレーションすることを発表した。商品はウィメンズ、メンズのルームウエアや雑貨を中心に9月中旬から「ジェラート ピケ」の直営店、および公式サイトで販売をスタートする。価格は未定。

 コラボレーションのコンセプトは「世界一美味しい部屋着」だ。商品は、ジョエル・ロブションの作り上げる世界観を表現するために、エレガントでラグジュアリーなワンランク上の大人の世界観を意識してデザインしたという。とくに風合いにこだわり、これまでの技術やノウハウを駆使し、最高の肌触りを目指した。

 コラボレーションすることになった経緯について、近藤広幸マッシュホールディングス社長兼CEOは「ロブション氏は『ジェラート ピケ』というブランドができたと同時にいつか一緒にモノ作りをしたいと決めていた人物。そのために『ジェラート ピケ』はこれまでコラボレーションを控えてきた。そんなブランドの想いやブランドコンセプト、プロダクトへのこだわりに賛同していただき、今回の企画がスタートした。ジョエル・ロブションの料理を味わう時のような至福の時間をルームウエアで表現し、お客さまの心と身体を満たせれば」と説明する。

 来日したジョエル・ロブションは、「今回の『ジェラート ピケ』のコラボ商品を触ってみて、その素材の素晴らしさにとても驚いた。とてもやさしくて柔らかく、今までに体験したことのない心地良さだった。また、同時にとてもシックでありセンシュアルでもある。日曜日の昼に自宅に友人を招いて料理を振る舞うことがあるが、そんなリラックスしている時に身にまとうのも良いのではないかと思う」と話す。

 今後は、クリスマス、バレンタインなどの秋冬のギフトシーズンにもコラボ商品の発売を予定しており、ワンランク上のギフトとして、コラボ限定のオリジナルショッパーやギフトボックスも用意する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

伊勢丹新宿本店「日本一売る店」の舞台裏

「WWDJAPAN」10月2日号は伊勢丹新宿本店特集です。各地で百貨店の閉店が相次ぐ中、2022年度に過去最高の3276億円の売上高を記録しました。同年の来店数はコロナ前と比べると8掛け程度にも関わらず、過去最高の売り上げを更新できる理由について探ります。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。