ファッション

B&Yのオリジナルレーベル「モンキータイム」が初の路面店をオープン

 ユナイテッドアローズは4月25日、「ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS=以下、BY)」によるメンズのオリジナルレーベル「モンキータイム」初の路面店「モンキータイム ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 原宿」をオープンする。

 「モンキータイム ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ」(以下、MTBY)は、10代後半〜20代後半の男性をターゲットにウエアやアパレル小物を取り扱ってきた。2012年9月にはルミネエスト新宿に初の単独店をオープンし、「BY」とは異なる客層の獲得に務めている。現在は、オーセンティックな「チャンピオン」「アシックス タイガー」「アルファ インダストリーズ」「ライフ」「ザ・ノース・フェイス・パープル・レーベル」や、ストリートブランドの「スタンプド エルエー」「フィリング・ピース」と、さまざまなブランドと協業・コラボレートすることで、"ファッションを通じて個性や独創性を表現したい"という顧客のニーズに応えている。

 キャットストリートからほど近くにオープンする路面店「モンキータイム ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 原宿」では、主軸のオリジナルアイテムだけでなく、世界各国からバイイングしたセレクトアイテムを強化し、トレンドに敏感な先端層にも積極的にアプローチしていく。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら