ファッション

2016-17年秋冬素材プルミエール・ヴィジョン速報 小松精練がスーパー光沢素材発表

 小松精練は2016-17秋冬向けから、特殊な光沢素材「ウルトラ・ルガーノ」を販売する。ダウンジャケットに使用するタフタ織物を、従来の光沢加工「ルガーノ」に比べて輝度を3倍に引き上げられる。中山大輔 小松精練取締役は「極薄のタフタはダウンジャケットの素材としてイタリアのブランドを中心にかなりの量を販売してきた。1年前に試験機で生産したこの素材をプレゼンしたところ、トップメゾンから量産契約を取り付けた。1億円を投じて特殊な装置を入れ、16?17年秋冬向けから量産体制が整った」という。同素材はJIS規格で測定したところ、従来の「ルガーノ」に比べ3倍近い輝度を記録したという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら