ファッション

「トップショップ」がカーラ・デルヴィーニュを起用した2014-15年秋冬広告ヴィジュアルを公開

 「トップショップ(TOPSHOP)」は、人気モデルのカーラ・デルヴィーニュを起用した2014-15年秋冬コレクションの広告ヴィジュアルを公開した。スタイリングを手掛けたのは、同ブランドのクリエイティブ・ディレクターのケイト・フェラン。撮影は、フォトグラファーのアラスデア・マクレランがロンドンで行なった。

 同広告では、テーマである「ヒロイックでどこでも舞台のセンターに立てるようなアイテムを纏う『トップショップ』ガールたち」を体現するスタイリングを披露している。今季のキーピースは、ブランドの代名詞であるバイカージャケットや「ジェイミー(Jamie)」と呼ぶ細身の定番ジーンズ、パーカコートの「マーサ(Martha)」。イヴニングウエアには、白のフェザーカクテルドレスを提案した。

 カーラは、同ブランドの13年春夏コレクションのランウェイに登場して以来、13年秋冬、14年春夏コレクションと続けてショーに出演し、ブランドとの結びつきを深めてきた。また、13年秋冬コレクションのバックステージで撮影されたカーラによる"ハーレム シェイク(Harlem Shake)"と名付けた突然踊り出すパフォーマンスのYOUTUBEビデオが160万ビューを記録し、話題になったことも記憶に新しい。

 カーラの起用について、ケイトは「カーラはまるで『トップショップ』そのものね。彼女のスタイルは自信に溢れ、遊びに満ちそれでいて洗練と粋を保ちながらクールさとカジュアルさをも演出するわ」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら