ニュース

「マルコ・デ・ヴィンチェンツォ」2014-15年秋冬ミラノ 伊クラフツマンシップを未来につなげるホープ登場

 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトンが少数株式を取得する若手ブランド「マルコ・デ・ヴィンチェンツォ(MARCO DE VINCENZO)」は、フロントローに業界重鎮をずらりと集め、その注目の高さを改めて印象つけた。

 「フェンディ(FENDI)」のアクセサリーやプレタポルテで経験を積んだヴィンチェンツォの特徴はクラフツマンシップとハイテクを融合した素材使いにある。毛皮や革などのラグジュアリー素材をふんだんに使いながら、見た目には軽やかにモダンに仕上げることを得意としている。メイド・イン・イタリーのクラフツマンシップや、その技術を背景に発展してきたイタリアン・ラグジュアリーを未来につなげるホープの登場だ。

 ただしその凄みは遠目にはわかりずらい。たとえば、写真のトップスはファーの革の部分を青く染めたプルオーバーで、1センチ位の半円のカットをびっしりと施し黒く染めた毛の部分を表に少しだけはみ出させている。ボトムは、複数に染めたレザーを曲線にカットし剥ぎ合わせた。全体的にカジュアルなチェック柄が目につくが、その多くがプリントではなく、刺繍やはぎ合わせによるもので、ブロックチェックのベージュのジャケットはレザーの上に赤やネイビーの数センチ四方のパイル地を貼り付け、さらに白いステッチをかけてる。

 アイテムはボクシーなジャケットとプリーツスカート、テーラード・コートなどシンプルでバリエーションやトレンド要素は少ない。今後はそのあたりが課題となりそうだ。

マルコ・デ・ヴィンチェンツォ?2014-15年秋冬コレクション 全ルック

2014-15年秋冬ミラノ・コレクション関連記事

2014-15年秋冬ミラノ・コレクション スケジュール

【関連記事】
LVMHがヴィンチェンツォの株式を取得