ニュース

東レがTGRを起用してスポーツ分野の売り上げ2ケタ増を狙う

 東レは、「ライフスタイルスポーツ」と定義するランニング、ヨガ、水泳、フィットネス、ゴルフ、テニス、サイクリング、アウトドアなどの分野の事業拡大を今夏から本格化すると発表した。具体的には、同社が手掛ける吸汗速乾素材「フィールドセンサー」シリーズ、ストレッチ素材「フィッティ」、ポリウレタン弾性繊維「ライクラファイバー」など高機能テキスタイル素材の販売拡大。同分野の2013年度の売り上げ規模は約220億円だったが、佐々木幸雄=東レ スポーツ・衣料資材事業部長は、7日の記者会見で「16年度に2ケタ増収を目指す」と話した。そのプロモーションの一環に、「東京ガールズコレクション」の出演モデルで構成されるランニングチーム「東京ガールズラン」(TGR)を起用。「サブ4」(フルマラソンを4時間以内で完走)の記録を持つメンバーの大木美佳は、「おしゃれで美容に役立つスポーツの楽しさを東レと広めていきたい」と話した。今後、スポーツアパレル数社と協力しながら、TGRの大会出場などを通したPR、オリジナルウエアの企画などさまざまな拡大戦略を予定している。