ニュース

そごう・西武がラグジュアリーECサイト「イー キャステル」を11月にローンチ

 セブン&アイ・ホールディングス傘下のそごう・西武は11月1日、ECサイト「イー キャステル(e.CASTEL)」をローンチする。まずは、「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」「ブルガリ(BVLGARI)」など、ラグジュアリーブランドを中心に40ブランドを用意。サイト監修は佐藤オオキnendo代表が手掛ける。初年度の目標売上高は30億円で、今後3年以内に100ブランドを取り扱い、売上高100億円を目指す。オムニチャネル化にも注力し、サイトで購入した商品は全国のセブン--イレブンで受け取りができる。

 これまでも特定の顧客向けにラグジュアリーブランドを扱う専用サイトを運営してきたそごう・西武だが、正規輸入品のみを取り扱うラグジュアリーECサイトは日本で初めてという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら