ニュース

そごう・西武がラグジュアリーECサイト「イー キャステル」を11月にローンチ

 セブン&アイ・ホールディングス傘下のそごう・西武は11月1日、ECサイト「イー キャステル(e.CASTEL)」をローンチする。まずは、「ジョルジオ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」「ブルガリ(BVLGARI)」など、ラグジュアリーブランドを中心に40ブランドを用意。サイト監修は佐藤オオキnendo代表が手掛ける。初年度の目標売上高は30億円で、今後3年以内に100ブランドを取り扱い、売上高100億円を目指す。オムニチャネル化にも注力し、サイトで購入した商品は全国のセブン--イレブンで受け取りができる。

 これまでも特定の顧客向けにラグジュアリーブランドを扱う専用サイトを運営してきたそごう・西武だが、正規輸入品のみを取り扱うラグジュアリーECサイトは日本で初めてという。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら