ニュース

伊藤忠とCITICが中国大手アパレルに300億円出資

 伊藤忠商事及び同社と資本・業務提携する中国最大の国有企業CITICグループは、中国大手アパレルの波司登(ボジデン)に最大300億円の出資を行い、約2割の株式を取得する。中国全土に約1万店舗を有するボジデンの販路を活用し、伊藤忠が商標権を持つブランドを販売する。また伊藤忠とボジデンの共同で欧米ブランドを買収・導入する計画も進める。伊藤忠はボジデンとの提携を中国における川下戦略の柱と位置付け、3年後には約250億円、5年後には約400億円の売上高を目指す。

 伊藤忠は今年1月、タイの財閥チャロン・ポカパンとの折半でCITICグループに1兆2000億円を出資することを決めた。3社は中国や東南アジアでの市場開拓で協力することを掲げており、今回のボジデンへの出資は伊藤忠とCITICとの提携の第一弾になる。