ビジネス

西武池袋本店「百貨店区画」を半減 25年夏リニューアルオープン

そごう・西武は10日、西武池袋本店の改装計画を正式に発表した。2025年1月から段階的にリニューアルオープンを行い、同年夏にグランドオープンする。売り場面積を現在のほぼ半分の4万8000平方メートルに縮小し、ラグジュアリー、コスメ、デパ地下を中心とした百貨店へと再編する。最大の面積を占めてきた衣料品売り場は大幅に減らす。百貨店区画を集約して空いた区画にはヨドバシカメラの旗艦店が入る。

そごう・西武は昨年9月、親会社セブン&アイ・ホールディングスが全株式を投資ファンドのフォートレス・インベストメントグループに売却した。フォートレスは家電大手のヨドバシホールディングスと連携して、各店舗のテコ入れを進める。旗艦店である西武池袋本店は百貨店区画を半分に減らした上で、ヨドバシカメラの旗艦店を入れる予定だが、こちらのオープン時期などについては未定だ。

まず25年1月に地下1・2階、地上3階にデパ地下、コスメの売り場を開く。コスメは売り場面積を1.7倍に広げ、ユニセックスブランドを含む国内外約60ブランドを扱う。デパ地下は約180のショップで構成する。

25年春には1・2階、4〜6階にフレグランス、宝飾、時計、ラグジュアリーの売り場ができる。ラグジュアリーは約60ブランドを集め、メンズ・ウィメンズの複合ショップ展開にし、売り場面積を1.3倍にする。

25年夏から秋にかけては7・8階にファッション、雑貨、催事場、アートサロンなどを開く。アパレルが上層階になるのは百貨店としては珍しいケースとなる。男女でフロアを分けるのではなく、同じフロアでの展開に切り替える。

売り場の品ぞろえを充実させるだけでなく、施設全体も高級感のある空間づくりに注力し、目の肥えた客の期待に応える。外商機能も引き続き強化していく。西武池袋本店のコンセプトを、そごう横浜店、そごう広島店など他の店舗にも広げていく考えだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。