ファッション

漫画「踊るミシン」と南貴之の「ベクターショップ」がコラボ エモーショナルなカラーリングで漫画の世界観を表現

漫画「踊るミシン」と南貴之の「ベクターショップ」がコラボ

クリエイティブディレクターの南貴之による「ベクターショップ(VEKTOR SHOP)」は、漫画「踊るミシン」のコラボレーションアイテムを4月20日に発売する。

1986年に出版され、30年以上経った今でもカルト的な人気を誇る伊藤重夫の漫画「踊るミシン」。 単行本は絶版となったが、2017年にクラウドファンディングを通じて「踊るミシン青版」として復刊。さらにそこから20数カ所を描き変えた「踊るミシン 2022Final」が再復刊している。

今回「ベクターショップ」では、主人公がバス停で佇む1シーンを原画のスクリーン・トーンやコマ割りを活かしてデザインした Tシャツ(9680円)とロンT(1万780円)の2型を展開する。1980年代を感じさせるエモーショナルなカラーリングで、漫画の世界観を表現した。

また、「ジュベナイルホールロールコール(JUVENILE HALL ROLLCALL)」と「踊るミシン」のコラボレーションアイテムも同日より販売。ユニセックスで着用できるTシャツ、ロンT、スカーフを展開する。スクリーン・トーンの貼られた 原画を忠実に再現し、 多義的な物語にインスピレーションを受け、重層的なコラージュを施したグラフィックを落とし込んだアイテムとなっている。

さらに「ベクターショップ」では漫画「踊るミシン 2022 Final」も数量限定で入荷する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。