ビューティ

「エトヴォス」恒例のUVケアアイテムが今年も登場 血色感をもたらすサクラピンクが仲間入り

エトヴォス(ETVOS)」は3月1日、夏恒例のUVケアアイテムを数量限定で発売する。今年で13年目となるパウダータイプのUVケアシリーズ“ミネラルUVシリーズ”に、血色感をプラスする新色“サクラピンク”を追加した。パッケージはファブリックブランド「オッタイピイヌ(OTTAIPNU)」を主宰するテキスタイルデザイナーの鈴木マサル氏を起用し、ビビッドでポップな限定デザインに仕上げている。

“ミネラルUV”は紫外線防御のほか肌の凹凸や影をぼかす赤色光透過ミネラルと、透明感を持ちながら毛穴やシミをカバーするソフトフォーカスミネラルを取り入れ、肌へのやさしさとUVケア、メイクアップ効果を備えているブランドの人気シリーズ。ルーセントパウダーのようにふんわりと肌に乗せる“ミネラルUVパウダー”[SPF50・PA++++](全3色、各3300円)はピンクベージュ、ペールラベンダー、サクラピンクの3色をラインアップ。コンパクトタイプの“ミネラルUVベール”[SPF45 PA+++](全2色、各3960円)はナチュラルベージュとサクラピンクの2色をそろえた。ほか、ボディー用パウダーの“ミネラルUVボディパウダー ”[SPF40 PA+++](3520円)も用意している。

UVケアとスキンケアを両立させるケアラインの日中用美容液“ミネラルUVアクアセラム”[SPF35 PA+++](3740円)も、既存色の“トーンアップホワイト”に加え、血色感をプラスする“ナチュラルピンク”が新登場。毛穴をカバーする美肌補正とメイク崩れを防ぐ成分を配合し、トーンアップしながら艶感のある肌を美しくキープする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。