ビューティ

ドラバラは「ヴィセ」など粘膜リップが好調 韓国ブランドも台頭 「WWDBEAUTY 2023下半期ベストコスメ」を考察

「WWDJAPAN」12月25日号の付録「WWDBEAUTY」とニュースサイト「WWDJAPAN.com」では、「2023年下半期ベストコスメ」を発表している。2023年下半期は、百貨店・セミセルフやバラエティー・ドラッグストア、ECポータルサイト38店舗の協力を得て5〜10月に売れた商品をリサーチし、新商品(ニュープロダクト)と総合(ヒーロープロダクト※新商品も含む)を表彰。14カテゴリー(総合は13カテゴリー)のトップ3が出そろった。

粘膜、ティントリップに支持

バラエティー・ドラッグストアでもマスク自由化でリップは好調だ。新商品1位の「オペラ(OPERA)」“リップティントN”は高発色で色持ちが良く、透け感も楽しめるティントタイプ。2、3位の「ヴィセ(VISEE)」“ネンマクフェイク ルージュ”、「アンドビー(&BE)」“シアーリップ”は「粘膜のような色と艶、乾燥しないと発売直後から人気」とのバイヤーの声もあるように、本来持つ唇の色を美しく演出するようなカラーに票が集まった。一方、総合の1位は21年に発売して以来、好調が続く「ケイト(KATE)」“リップモンスター”が首位をキープ。色が落ちにくく、付けたてそのままで持続する機能性に多くの女性を引き付けたが、下半期はトレンドの粘膜系であるヌーディな色調に人気が集中した。

アイメイクは韓国ブランドが2冠

23年下半期は韓国コスメが数多くランクインし勢いを感じるが、スキンケアだけでなくアイメイクも同様だ。新商品、総合とも1位は「ウォンジョンヨ(WONJUNGYO)」。TWICE専属で韓国のメイクアップアーティスト、ウォン・ジョンヨが監修した日韓共同開発のメイクブランドとして22年10月にデビュー。公式サイトで先行発売した全商品が即日完売するなど好調なスタートを切り、その流れが継続している。新商品ではウォン・ジョンヨ氏が得意とする涙袋メイクができるアイシャドウ“デイリームードアップパレット”、総合ではトレンドの束感を演出できるマスカラ“ヌードアイラッシュ”が首位を獲得した。

美容機器・ツールはメイクブラシ人気が定着

百貨店に比べると手の出しやすい価格が多いバラエティー・ドラッグストアの特性から、美容機器・ツール部門もメイクブラシのランクイン率が高い。新商品1位こそ、ヘアブラシだったが、2、3位は「ロージーローザ(ROSYROSA)」の“マルチユースブラシ〈フェイス〉” 、“マルチユースブラシ〈ポイント〉”が獲得。いずれもマルチに使用できる汎用性の高さと安定感のある持ち手に高評価を得ている。総合3位には、「ケイト」“コンシーラーブラシ”が入った。極細毛のファンデーション・コンシーラー用ブラシで、「リキッドファンデーションを筋ムラなく均一に伸ばせるとSNSで話題になり人気」とのバイヤーの声。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。