ファッション

【2023年クリスマス】落合陽一によるイルミネーションがゆかりの地・秋葉原駅前に 街の個性をつめ込んだオブジェ

秋葉原の複合施設、秋葉原UDXは、メディアアーティストの落合陽一が秋葉原の街に着想したオブジェとイルミネーションを公開した。その初日である11月15日、落合陽一を招いた点灯式を開催した。

同社は、オタク・サブカルチャーの街としてだけでなく、ITを駆使した未来型都市としての可能性を秘める街である秋葉原が、ITによって将来をリードする街としての変化する時を迎えていると考え、落合陽一に依頼したという。

今回のイルミネーションでは、LEDを使用したインフィニティミラーをメーンオブジェとし、西側街路樹外側に19本のLEDテープライトを用いたイルミネーション装飾を施した。

落合は、秋葉原について次のように語った。「小学生の頃から通っていました。中学生になるとゲームを買いに来て、高校生の頃は日暮里の開成高校だったので、ここまで歩いて来ていた。昔は電気の街だったが、オタク文化の街になりAKB48の街になり、10年おきのペースで姿を変えていて、時代ごとの変化を楽しめる」。

今回のプロジェクトでどんな構想を練ったのか聞かれると、「秋葉原のプロジェクトのため、近隣の電気屋で買える電子パーツを使って飾りつけをしたかった」と話した。

LEDを使用したインフィニティミラーは「秋葉原にゆかりのあるアニメや半導体の基盤、CPU、電子部品をディープラーニングさせて作った画像と低音に反応した動き、テープLEDの雰囲気が流れてくる構造になっている。ここは近くを鉄道が通る低音が豊かな場所のため、低音に反応するように動くサウンドインタラクティブな作りにした。近づいて撮ると、中は無限反射になっているので、秋葉原のすき家やラーメン屋の明かりが広がって見える」。

街路樹のテープLEDについては「こちらは大変で、主に職人さんが非常に困っていたが、“生花のように気持ちよくLEDテープをつけてくれ”と頼んだ」と話した。

■秋葉原UDXの落合陽一によるイルミネーション「リフレクター」
会期:〜12月25日
店頭時間:毎日17〜23時
場所:秋葉原UDX
住所:東京都千代田区外神田4-14-1

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。