ファッション

ワコールHDが通期見通しを下方修正、108億円の赤字に 米事業撤退や希望退職者150人の募集も

ワコールホールディングス(HD)は11月9日、2024年3月期連結業績予想を下方修正した。売上高は1960億円(修正前は2050億円)、営業損益は120億円の赤字(同60億円の黒字)、純利益は17億円(同60億円の黒字)を見込んでいる。

これを受けて、ワコールHDは米ワコールが19年に買収したインティメーツ・オンラインのライブリー事業から撤退する。同社はこの赤字が続いており、23年3月期は16億円の最終赤字で、純資産も63億円のマイナスで債務超過だった。撤退に伴い、減損や在庫評価損などで約74億円の損失を計上する。

また、主力子会社のワコールでは、不採算ブランドの撤退・統合、低収益店舗の撤退、希望退職者の募集を実施する。24年「ワコール(WACOAL)」をリブランディングすると共に、9つの基幹ブランドを構成する68の商品ラインの38%に当たる26ラインを統廃合する。低収益の直営店に関しては、全154店舗中22店舗、百貨店全211店舗中10店舗を撤退・閉店する。

また、150人程度の希望退職者を24年2月12〜22日までの期間で募集する。これらの実施により24年3月期決算で約60億円の構造改革費用を見込んでいる。22年11月に発表した国内ワコールの早期退職制度である“フレックス定年制度”に関しては、約250人の募集に対して155人が応募していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。