ビューティ

9月のヒットランキング「リップ」TOP5 トモズ編

リップカテゴリーが好調だ。ドラッグストアのトモズでは継続して「ケイト」の“リップモンスター”が売れているという。売れ筋トップ5を聞いた。(集計期間9月1日~30日)
この記事は、無料会員登録で最後まで読めます。会員でない方は下の「0円」のボタンを押してください

【トモズ「リップ」売り上げTOP5】

1位「ケイト」“リップモンスター”(全14色、各1540円)
2位「ロムアンド」“グラスティングメルティングバーム”(全5色、1320円)
3位「セザンヌ」“リップカラーシールド”(全5色うち限定1色、各660円)4位「キュレル」“リップケアクリーム”(全3色、各1045円)
5位「ヴィセ」“ネンマクフェイク ルージュ”(全6色、各1540円※編集部調べ)

トモズの9月の「リップ」売上高は前年同月比200%増と伸長した。岸野彩 トモズ商品部チーフは「マスクが取れて、口もとのオシャレに注目が集まっている」と話す。

ランキング1位に輝いたのは、「ケイト」“リップモンスター”。発売以来、リップトレンドをけん引する、文字通りモンスター的アイテム。「長時間色持ちが持続するところ、発色の良さが人気だ。定番品はもちろん、限定品は毎回支持を集めている」。

2位「ロムアンド」は、まるで“フルーツ飴”のような艶感が叶う。「なめらかな使用感を実現するバームで、高保湿のオイル成分が特徴だ。カラーが豊富で、密着がいいところも人気」。3位「セザンヌ」はジェル膜処方のリップ。唇の水分と反応しゲル化してピタッと密着する。「美発色が持続するところが人気の理由。ティントではないのに、色も艶も落ちにくいところが好評だ」。

4位「キュレル」は、乾燥して敏感になりがちな唇もケアし美発色が楽しめる、新カラーリップ。「唇の荒れを気にする方でもカラーを楽しみながらケアをできるところが好評」とコメント。5位「ヴィセ」は唇の内側の粘膜のような色、質感を再現したナチュラルなカラーが特徴。「発売と同時に欠品するほど人気だ」。

――― 担当者のおすすめアイテムは?

岸野彩 トモズ商品部チーフ(以下、岸野):4位の「キュレル」“リップケアクリーム”(全3色、各1045円)だ。発色がよく、唇が乾燥するこれからの季節に使いやすくおすすめだ。

――― 「リップ」以外で、好調なカテゴリーは?

岸野:シートマスクカテゴリーが好調だ。ビタミンC、レチノール配合のアイテムが、引き続き動いている。具体的には、「VT」“レチシカAセブンデイズマスク”(7枚入り、770円)や「ルルルン」“ハイドラVマスク”(7枚入り、税込770円/28枚入り、2420円)などが売れている。手軽に肌の調子を整えることができ、流行りの成分を試すことができるのも、好調の理由ではないか。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。