ニュース

ロンドン・ファッション・ウィークが「トニーアンドガイ」とパートナーシップ契約を締結、9月にコラボ製品も登場

 英国ファッション協議会(以下、BFC)は8月12日、イギリスのヘアケア・ブランド「トニーアンドガイ」とパートナーシップ契約を締結したことを発表した。9月には、コラボ製品(写真)が登場する。「ロンドン・ファッション・ウィーク」(以下、LFW)のロゴがプロダクトパッケージに登場するのは初めてのことだ。9月13日に開幕する2014年春夏LFWの会期中は、バックステージでも使用される予定だ。

 

 さらに41ヵ国・5000以上の「トニーアンドガイ」とプロフェッショナル・ヘアケア・ブランド「label.m(レーベルエム)」の関連サロンでは来年、販売を開始する。売り上げの一部は、英国ファッション業界の成長を図るための支援金としてBFCに寄付される。

 

 「トニーアンドガイ」は2004年に初めてLFWのオフィシャルスポンサーを務めた。以降、長期にわたってファッション・ウィークをサポートしてきたことから、今回のコラボが実現した。BFCのキャロライン・ラッシュ最高経営責任者(CEO)は、「世界中の『トニーアンドガイ』でコラボ製品を販売することで、LFWの認知度アップを図ることができると思うので楽しみだ。ファッション・ウィークのバックステージで使用するプロ製品を一般の消費者に届けることができるのも嬉しい」と語った。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら