ファッション

「パブリックスクール」2015-16年秋冬NY ニューヨークのItブランドのリアルなストリート・スタイル

先ごろロンドンメンズ・ファッション・ウイーク中に開催されたインターナショナル・ウールマーク・プライズのメンズ部門グランプリを獲得した「パブリックスクール(PUBLIC SCHOOL)」。そこで発表したコレクションは、ザ・ウールマーク・カンパニーのリテールパートナーであるハーヴェイ・ニコルズやサックス・フィフス・アベニュー、伊勢丹新宿店といった世界の小売店で今秋に販売されることが決定しており、今注目を集めるブランドだ。ショーのフロントローにはアナ・ウィンター米「ヴォーグ」編集長や歌手のケリー・ローランド、その他人気ミュージシャンの姿があった。

ショーは、彼らの好きなスタイルをベースに構成し、そこに今の気分を加えている。そのスタイルとは、黒のオーバーサイズのプルオーバーやニットの裾からロング丈のチェックシャツをのぞかせ、ハーフパンツにタイツ、フェルト帽、リュックを合わせるといった、いわゆるストリート・ルック。そこに今シーズンは、「クラブ」をテーマにカラフルなグラフィック柄を組み合わせ、ガウン風コートやロングストールで大人っぽさもプラス。ウィメンズはメンズとシンクロしており、ロング丈のプリーツやチェックのシャツドレスを合わせるコーディネートを提案した。

「パブリックスクール」は、ダオ・イ・チョウとマクスウェル・オズボーンがヒップホップ系ブランド「ショーン ジョン」で出会い、2007年にスタートしたブランド。一度オーダ―がなくなり休業したが、12-13年秋冬シーズンに再スタート。13年にはCFDAメンズ部門新人賞受賞やCFDA/ヴォーグ基金入賞を果たす。公立学校出身の2人は、ブランド名に「自分の個性で勝負、自分たちの道は自分たちで切り開く」という願いを込めている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら