ニュース

「ヌメロ ヴェントゥーノ」2015-16年秋冬メンズ デラクアの大実験「モヘアでスポーツウエアを作ると――!?」

 アレッサンドロ・デラクアによる「ヌメロ ヴェントゥーノ」は、今季のトレンドマテリアルであるモヘアにご執心だ。だが、チェスターコートの下に着るモコモコのローゲージタートルなどを提案する他ブランドとは一線を画し、モヘアを使い、新たなスタイルの表現にトライ。そのスタイルとは、スポーツ・カジュアルだ。

 ファースト・ルックは、ノーカラーのジップアップブルゾン。スポーツウエアの特徴でもあるラグランスリーブのパターンを採用し、ラグランに沿うよう、肩から腕にかけては白の2本線を走らせた。2本線は、モデルのほとんどが着用したモヘアのニットキャップにも採用している。足元には、かかとにストラップを付けてホールド性を高めたスポーツサンダル。ただしファーやベルベットを採用し、スポーツをフォーマルに、ラグジュアリーに昇華した。バッグも、巾着タイプのリュックサック。

 モヘアのほかに多用したのは、金色に輝くブロケードと、同時に発表したウィメンズのプレ・フォール・コレクションで存在感を放ったレース。これらの素材についても、ブロケードならスイングトップ、レースならウールと組み合わせたオール・イン・ワン(つなぎ)など、カジュアルなアイテムに落とし込んだ。