ファッション

「ドレスキャンプ」2015年春夏東京  グラフィカルなプリント旋風

 アーティストのウルトラヴァイオレット(Ultraviolet)にインスパイアされたコレクションを披露した。岩谷俊和デザイナーは、「ウルトラヴァイオレットが考えるルールとは一体どんなものなのか?」に焦点を当てた。岩谷が「お祭りのように、いろいろな要素をミックスさせたかった」と話すように、ランウェイは終始華やかだった。リップ、オプティカル、ボーダー、レオパードと、とにかくプリントアイテムを豊富に打ち出した。そこに、ブルゾンやスーツ、チルデンニット、ボーダーワンピース、ラメドレスなどを組み合わせ、テイストミックスを得意とする“ドレキャン風”に仕上げた。アーティストKAZZROCKが今季コレクションのために手掛けたというグラフィティアイテムを含め、ウィメンズの割合を増やしている。一方で、フリンジのロングブーツ、スカートなど、メンズ向けのクロスジェンダーなアイテムを揃えた。

 また、来年ニューヨークで開催される、東京ランウェイの舞台については、「ブランドの強いカラーを出したいと思う」と意気込んだ。

最新号紹介

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。