ファッション

「カウントダウン・ジャパン」2日目でストレイテナーとBIGMAMAがこだわりの私服を語る

 国内最大級の年末音楽フェスの「カウントダウン・ジャパン」の2日目が29日、千葉県千葉市の幕張メッセで開催された。フロントマンの川上洋平がファッションブランドのモデルも務めるアレキサンドロス([Alexandros])がトリに登場したほか、木村カエラやドラゴンアッシュ(Dragon Ash)のKjらファッションアイコンとしても人気のアーティストが出演し、計40組がステージを繰り広げた。

 「エンハーモニック タヴァーン(ENHARMONIC TAVERN)」のコレクション音楽も手掛け、ファッションブランドとも親交の深いストレイテナーのホリエアツシは、さわやかなストライプのボーリングシャツにハット姿でステージに登場した。「シャツは高円寺での番組ロケで偶然出合った古着。キレイ目だけど、どこかにリラックス感のある格好が好き」とこだわりを語り、私服でもお気に入りの「クレプスキュール(CREPUSCULE)」のかぎ編みニットをオーバーサイズ気味に着こなす。ストレイテナーと木村カエラの2ステージで出演したベースの日向秀和は「テナーではデニムのセットアップでラフに。カエラのステージではジャケットスタイルで気持ちを切り替えた」とコメント。私服では、「アナクロノーム(ANACHRONORM)」のオーバーオールと「エンハーモニック タヴァーン」のケーバ帽をかぶり、“ハズしの美学”を見せた。BIGMAMAの金井政人は、「ジュン オカモト(JUN OKAMOTO)」とのコラボレーションでステージ衣装を制作。オリジナルチェックのジャケットと同柄のラップスカートで“王子”とファンや関係者から親しまれるスタイルを完成させた。私服では「ダイエット ブッチャー スリム スキン(DIET BUTCHER SLIM SKIN)」のミリタリーコートを主役にコーディネート。「最近はボクシングシューズのデザインが好きで、今日も足下は『ヨウジヤマモト × アディダス(YOHJI YAMAMOTO × ADIDAS)』のウイメンズのボクシングスニーカー。機能性も兼ね備えているのでステージでも愛用している」と話した。

[rel][item title="【スナップ】フェスグッズの多様な着こなしでにぎわう「カウントダウン・ジャパン」1日目" href="https://www.wwdjapan.com/snap/party_event/japan/countdown-japan/countdown-japan-1516-day1/36446/" img="http://www.wwdjapan.com/snap/wp-content/uploads/sites/5/2015/12/cdj_day1_og.png"][/rel] [rel][item title="【スナップ】「カウントダウン・ジャパン」3日目 グッズTシャツは宇宙モチーフが人気" href="https://www.wwdjapan.com/snap/party_event/japan/countdown-japan/countdown-japan-1516-day3/36485/" img="http://www.wwdjapan.com/snap/wp-content/uploads/sites/5/2015/12/og_day3.png"][/rel] [rel][item title="【スナップ】「カウントダウン・ジャパン」4日目 高機能インナーが冬フェスでも活躍" href="https://www.wwdjapan.com/snap/party_event/japan/countdown-japan/countdown-japan-1516-day4/36486/" img="http://www.wwdjapan.com/snap/wp-content/uploads/sites/5/2016/01/og.png"][/rel]

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら