ファッション

“日産キックス”が「ニューバランス」の“327“に変身! スエードや“Nロゴ”まで忠実に再現

 日産自動車(以下、日産)は、「ニューバランス(NEW BALANCE)」とのコラボ車両“日産キックス 327 エディション(NISSAN KICKS 327 EDITION)”を制作した。コンパクトSUVの“日産キックス E-POWER 4WD”をベースに、「ニューバランス」のライフスタイルスニーカー“327”のデザインでラッピングした。2月1日まで東京・銀座の「日産 クロッシング(NISSAN CROSSING)」で展示し、その後岐阜県のイオンモール土岐と石川県のイオンモール白山で展示する。一般販売はしない。

 コラボの目的は、“日産キックス”をより多くの人に知ってもらうことだ。同車のコンセプトは“フットワーク軽く、毎日を楽しむための車”。また”キックス”は英語のスラングでスニーカーを意味する。日産の岡部龍太チーフマーケティングマネージャーは、「シューズメーカーと何か面白いことができないかとずっと考えていた」といい、「コロナによる行動対策が緩和され、遠出する人も増えた。みなさまの生活を後押しするような、ワクワクする施策がしたい」と、今回のラッピングプロジェクトを考案した。数あるメーカーの中から「ニューバランス」を選んだのは、「アクティブな日常を彩るイメージが強く、“日産キックス”との親和性を感じた」から。中でも“327”は、「スタイリッシュなデザインと快適な履き心地、高いグリップ力を持つ。ミニマルなデザインながら力強く走る“日産キックス”とリンクするものが多い」。

 日産の技術を結集したコラボ車両は非常にリアルな仕上がりだ。大きな“Nロゴ”や突起したソールデザイン、スエードの質感など、“327”を象徴するデザインを忠実に再現しつつ、ステッチの湾曲や奥行きのあるグレーカラーなどにもこだわった。天井上部にはシュータンを模した造形物を付け、ラッピングの枠にとらわれない車両となった。ニューバランスジャパンの鈴木健マーケティングディレクターは、完成した車両を見て「正直驚いた」と言う。「ここまでの完成度になるとは思ってなかった。上部のシュータンはスエードにしか見えない(笑)」。

 この車両は実際に走行でき、2月中は展示の合間に東京と大阪の2エリアを駆け巡る。さらに、街中で見つけた車両を撮影し、“CATCH THE KICKS”のハッシュタグとともにツイッターに投稿すると、抽選で1人に”日産キックス”が当たるキャンペーンも行う。

【展示日程】
■日産クロッシング
1月24日〜2月1日

■イオンモール土岐 日産ブランドアンテナショップ
2月14〜20日

■イオンモール白山 日産ブランドアンテナショップ
2月22〜28日

【走行日程】
■東京エリア(銀座、原宿)
2月4〜5日

■大阪エリア(梅田、心斎橋)
2月22〜12日

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。