ファッション

ハイダー・アッカーマンが「フィラ」とコラボ 英マンチェスターでファッションショー開催

 デザイナーのハイダー・アッカーマン(Haider Ackermann)は17日、イギリス・マンチェスターでスポーツウエアブランドの「フィラ(FILA)」とコラボレーションしたコレクションをランウェイショー形式で披露した。

 ショー会場の「ザ・ウォーターハウス・プロジェクト」は、マンチェスターのレイブシーンの中心地ともいえる場所だ。無機質でインダストリアルな会場に白いランウエイを設置し、モノクロのルックに身を包んだモデルの横をパステルカラーやネオンカラーのボディスーツやウィンドブレーカーを着用したモデルが歩いた。コレクションは、ウィメンズ、メンズそしてアクセサリーをそろえているという。

 同コラボは、「フィラ」にとってはハイファッション・ブランドに転換するための戦略の一環だろう。ここ最近は表舞台に出てくることが少なかったアッカーマンだが、刺激を求める衝動から今回のコラボを承諾したとバックステージで明かし、「少しばかり沈黙していたから、エネルギーとスピード感が必要だった。今は元の場所に再び戻り、まっすぐ立ち、また頑張ろうと思えることがうれしい」とコメントしている。

 ショーには、エマ・ダーシー(Emma D’Arcy)やクロエ・グレース・モレッツ(Chloe Grace Moretz)、マヌ・リオス(Manu Rios)、クリスタル(Krystal Jung)、ピョン・ウソク(Byeon Woo-seok)らが来場した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。