紙面紹介

サステナビリティ特集 アパレル・ビューティ企業は循環の地図を描けるか

 世界で循環型社会への移行が進む今、アパレルやビューティ業界はどのような循環の地図を描けるのでしょうか。10月3日発売の「WWDJAPAN」では、回収から始まる循環ビジネスを特集します。

 最近、アパレルや化粧品の店頭で、不要品の回収ボックスをよく見かけるようになりました。箱には大概、リサイクルのマークが描かれており、箱に入れたアイテムは、ペットボトルと同じようにリサイクル、再利用されることを想起させます。果たして、実際はどうなのでしょうか?家電や飲料容器と比べて遅れているといわれる繊維・化粧品のリサイクルの現状と課題、そしてその可能性に迫るため、ファーストリテイリングやワールド、H&M、高島屋など衣料回収の取り組みを進める主要企業14社にアンケートを実施しました。

 循環を実現するためには、静脈産業との連携が欠かせません。伊藤忠商事がエコミットと組んで進める回収サービス「ウェア・トゥ・ファッション」や、帝人フロンティアとファイバーシーディーエムの協業などについても取材しました。

 とは言っても、これまで「作る」と「売る」に集中してきた業界の大多数にとって、循環は「知らない世界」です。そこで産廃業者のナカダイホールディングス代表と、慶應技術大学環境情報学部で資源循環について研究を進める識者2人に、アパレルや小売が持つべき視点について伺いました。

 米国版「WWD」の翻訳記事からは、「グッチ(GUCCI)」や「サンローラン(SAINT LAURENT)」を傘下に持つケリングが、ビューティー市場に参入するのではないという憶測について取り上げます。

 「ファッション&ビューティ パトロール」のコーナーでは、8月20日に開催された「バーチャルマーケット2022年サマー」を取材した記者が、奥深いバーチャルファッションの世界をリポートします。

PHOTO : KAZUSHI TOYOTA

CONTENTS

FEATURE

  • 回収ボックスのその先を追え! 回収から始まる循環ビジネス

SERIES

  • OVERSEAS NEWS 米「WWD」の翻訳記事をまとめてお届け!:焦点は「グッチ」に絞られるとの憶測も ケリングがビューティ市場に本格参入か
  • Beauty Insight ビューティ賢者が持論展開:Vol.93 韓国化粧品業界はなぜ今日本進出なのか?(矢野貴久子/アイスタイル「BeautyTech.jp」編集長)
  • ビルダーズ安田代表の見果てぬ街づくり:Vol.8 商業施設のコンセプトは「whyの集積」

EDITOR’S LETTER

  • 編集者は、販売員になれるのか?(村上要/編集長)

EDITORIAL NOTE

  • 編集後記 今週の特集お届け隊:リサイクルの円を描くために大事なこと(向千鶴/編集統括 サステナビリティ・ディレクター、木村和花/記者)

FASHION&BEAUTY PATROL

  • 体形や年齢、 性別を軽やか〜に超越 バーチャルファッションの世界へようこそ!

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。