ファッション

トップ広告マンが作る、激変の社会に“刺さる”ロゴTシャツ

 広告業界出身者でつくるベンチャー企業FACT(東京都、三寺雅人・佐伯善虎CEO)のオリジナルロゴTシャツ(5500円)が面白い。Tシャツは現時点で5種。白と黒のボディーに単語を一つ乗せただけのごくシンプルなデザインだが、コロナ禍やウクライナ戦争で揺らぐ社会にメッセージを投げ掛ける。同社のオンラインストアで販売している。

 ロゴは、単語の綴りの一部を網掛け文字にして強調し、その中に含まれた別の意味の単語を浮き上がらせている。例えば“HUMAN”であれば、“UMA(未確認生命体)”。「人間という最も身近な存在の中にこそ未知がある」という示唆を含む。“HEARTWARMING”は、綴りの真ん中にある“WAR(戦争)”を網掛けにすることで、「争いが、人の温かい心を真っ二つにしてしまう」ことを示した。

 ECページでは、それぞれのロゴに込めたメッセージに合った背景をコラージュすることで世界観を表現している。商品画像は、クリーク・アンド・リバー社傘下のforGIFT(白井崇文社長)が提供する3Dサンプル作成サービス「ストゥーラ(STURE)」で制作した3DCGを使用。3DCGのTシャツは実物と相違ない質感ながら、どこか近未来的で、背景と一体となってアート作品のような雰囲気も漂う。白井社長は「3DCGの活用が進めばアパレルのクリエイティブの幅はもっと広がる。業界の外にいるプレイヤーにも開かれたものになるはずだ」と語る。

 FACTの三寺CEOは読売広告社やADKでエグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクター職を歴任。広告業界の有志を集め、2019年にADKの子会社としてFACTを立ち上げた。これまで培ってきたノウハウやネットワークを軸に、企業やブランド、社会のさまざまな課題解決や価値創出を目指している。三寺氏は「服を作ったのは初めてだが、広告と違うのは手に取っていただいた方からダイレクトにリアクションが得られること。それぞれのロゴに対して僕はこれがいい、私はこれがいいという共感で選んでいただける。服を通じてこそ、世の中に発信できるメッセージがあると感じた」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら