ファッション

「ポルシェ」がMLB大谷翔平をアンバサダーに指名 「“憧れの存在”と活動でき光栄」

 ポルシェジャパン(東京、フィリップ・フォン・ヴィッツェンドルフ Philipp von Witzendorff 社長)は、メジャーリーガーの大谷翔平を“ポルシェドライビングアスリート”に任命し、アンバサダー契約を締結した。大谷が、自動車メーカーのアンバサダーを務めるのは初。今後、「ポルシェ(PORSCHE)」を象徴する存在として、公式サイトや広告、SNSに登場する。

 大谷は1994年7月5日生まれ、岩手県出身。2012年に花巻東高校を卒業し、ドラフト1位で北海道日本ハムファイターズに入団。17年にメジャーリーグのロサンゼルス・エンゼルスに移籍した。21年に、アメリカンリーグのシーズンMVPを獲得。今年7月には2年連続2度目のオールスター出場を果たした。ピッチャーとバッターの両方をこなす“二刀流”で知られる。

 前田謙一郎ポルシェジャパン執行役員マーケティング&CRMは、「“ポルシェドライビングアスリート”は、世界で活躍する日本人アスリートを応援するプロジェクト。大谷選手はアメリカに拠点を移してからも、“二刀流”という自身のスタイルを崩すことなく、誰も成し遂げたことのない目標に向かって進化を続けている。『ポルシェ』が目指す“夢を追い続ける人のためのブランド”というビジョンを体現しており、今回オファーさせてもらった」と話す。

 大谷は、「『ポルシェ』は“憧れの存在”。洗練されたスポーツカーブランドと一緒に活動できることを大変うれしく感じている。僕自身まだ挑戦の途中であり、“ポルシェドライビングアスリート”の名に相応しい活躍ができるよう、努力と研鑽を続け、夢を実現したい」と述べる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら