ビューティ

カラーケア部門は“ソマルカ オレンジ”強し! 「WWDBEAUTY 2022 ヘアサロン版ベストコスメ」結果発表

 年1回の恒例企画、「WWDBEAUTY 2022 ヘアサロン版ベストコスメ」の結果を発表する。今回は全12部門のアワードを設定し、都内の人気ヘアサロン50軒の美容師152人に、各カテゴリーで「2021年下半期~22年上半期に実際に使ってみて良かった製品」についてアンケート調査を実施した。

 カラーケア部門では、「ソマルカ(SOMARCA)」の“カラーシャンプー〈オレンジ〉”が連覇を達成した。前々回(2020 ヘアサロン版ベストコスメ)は同カラーシャンプーのピンクがNo.1だったので、これで「ソマルカ」ブランドは3連覇したことになる。暖色カラーのトレンドが反映された結果といえるが、“染色力”を評価する声が多かったのが印象的だ。2位は「エヌドット(N.)」の“カラーシャンプー”が受賞。定番のパープルが人気だが、昨秋に登場したベージュも「ミルクティー系カラーにぴったり」などと高い評価を受けている。3位には、アリミノが展開する「カラーストーリー プライム(COLOR STORY PRIME)」が初ランクイン。受賞したのは使いやすい“ポイントコンシーラー M”で、自宅での白髪ケアの提案という、これまで見逃されがちだったカテゴリーを切り開くアイテムだ。(全てサロン専売品で、価格は編集部調べ)

 なお今回の集計方法は、ヘアサロンで扱うプロ用製品を12部門に分類し、50軒の美容師152人に各カテゴリーのベストだと思う商品を選んでもらった。選んでもらった各商品を、効果実感、香り、コストパフォーマンス、パッケージデザイン、使用感、トレンド、店販人気、おすすめのしやすさ、といった項目に分けて、各10点満点で評価してもらい、そのポイントの合計数で各部門の順位を導き出した(製品以外に“サロンモデル部門”も有り)。

カラーケア部門

1位 “カラーシャンプー〈オレンジ〉”

「ソマルカ」

 たっぷり泡立つ“カラーシャンプー”と、“カラーシャンプー”の後に使用して染まりをさらに高める“カラーチャージ”のダブル使いで色素を補充することで、サロンで染めた髪のカラーキープをかなえる。アンケートの回答には、「色みが変化しやすいオレンジ系に対応し、色素が濃いので長くキープしてくれる」「オレンジ系のカラーリングはトレンド。その影響もあり売れている」といった声があった。(150mL、税込2200円)

2位 “カラーシャンプー”

「エヌドット」

 毎日使用できる染料濃度に調整しているため、デイリーケアできれいな髪色を長く保つことができるシャンプー。簡単で使いやすく、続けやすい点を大切にしているため、今までカラーケアシャンプーを使ったことがない人にもおすすめできる。ブリーチをしている人や、ハイトーンの黄ばみが気になる人におすすめの“パープル”が1番人気。アンケートの回答には、「普通のシャンプーとしても高性能で、使い続けると明らかに色落ちが違ってくる」といった声があった。(320mL、税込2640円)

3位 “ポイントコンシーラー M”

「カラーストーリー プライム」

 「カラーストーリー プライム」は、グレイカラーの表現力を高めるためのブランド。きれいで上質な仕上がりを維持するためのホームケア製品もラインアップしていて、“ポイントコンシーラー M”もその1つ。コームでスピーディーに、気になる白髪をカバーしてくれる。アンケートの回答には、「少しでも白髪が出ると気になる方におすすめすると、とても喜んでくれる」といった声があった。(10mL、税込1980円)


10月18日に「WWDBEAUTY」が
オンラインで
美容師向け「ヘア&メイク トレンドセミナー2022-23FW」
を開催(視聴無料)

 10月18日(火)20時より、「WWDBEAUTY 2022 ヘアサロン版ベストコスメ」の結果分析コーナーもある、美容師向け「ヘア&メイク トレンドセミナー2022-23FW」のライブ配信を行うので要チェック!

最新号紹介