ビューティ

スタイリング剤部門は「ダンスデザインチューナー」が連覇! 「WWDBEAUTY 2022 ヘアサロン版ベストコスメ」結果発表

 年1回の恒例企画、「WWDBEAUTY 2022 ヘアサロン版ベストコスメ」の結果を発表する。今回は全12部門のアワードを設定し、都内の人気ヘアサロン50軒の美容師152人に、各カテゴリーで「2021年下半期~22年上半期に実際に使ってみて良かった製品」についてアンケート調査を実施した。

 スタイリング剤部門では、スタイリングブランド「ダンスデザインチューナー(DANCE DESIGN TUNER)」のトリートメントオイルジェリー“モダンシマー”が連覇を達成した。同部門ではここ数年、セット力のないオイル系や、質感重視のマルチバーム系アイテムの1位受賞が続いていた。そのため前回のアワードで、同ブランドのような多種の剤型をそろえたいわゆる“王道系スタイリングブランド”が1位になったことは大いに話題になった。今回は同ブランドの他製品も多くの票を獲得しており、ブランドとしての認知も高まっているようだ。2位はランクインの常連、「エヌドット(N.)」“ポリッシュオイル”が受賞。前回(2021 ヘアサロン版ベストコスメ)は3位だったが、再び2位に浮上する形となった。一般ユーザーからの認知度が圧倒的に高く、人気が衰える気配が見えない。3位は、ケアスタイリングブランド「ミリ(mm)」の“mm スプレー”が初受賞。人気ヘアサロンの女性美容師と開発したブランドで、ケア力を兼ね備えている点の評価が高い。(全てサロン専売品で、価格は編集部調べ)

 なお今回の集計方法は、ヘアサロンで扱うプロ用製品を12部門に分類し、50軒の美容師152人に各カテゴリーのベストだと思う商品を選んでもらった。選んでもらった各商品を、効果実感、香り、コストパフォーマンス、パッケージデザイン、使用感、トレンド、店販人気、おすすめのしやすさ、といった項目に分けて、各10点満点で評価してもらい、そのポイントの合計数で各部門の順位を導き出した(製品以外に“サロンモデル部門”も有り)。

スタイリング剤部門

1位 “モダンシマー”

「ダンスデザインチューナー」

 開発に人気美容師の内田聡一郎「レコ(LECO)」代表が参加したことでも話題の「ダンスデザインチューナー」。“モダンシマー”は型にはまらないモダンダンスのように、自由な仕上がりを実現するトリートメントオイルジェリーだ。手のひらで伸ばすとオイル状になるので簡単になじみ、適度に艶やかな今っぽい濡れ髪に。水をほとんど含まないので、アイロンのカールもきれいにキープでき、スタイリングの幅を広げる。アンケートの回答には、「普通のオイルだとすぐに乾燥してしまう印象があるが、これは理想の濡れ感が長持ちする」「ヘアアイロンの前に使うと、固まらないのに適度にキープできると好評」といった声があった。(80g、税込1980円)

2位 “ポリッシュオイル”

「エヌドット」

 ヘアにもハンドにもボディーにも使える、天然素材100%で作られたマルチオイル。ベタつかずに伸びが良く、軽やかに仕上がる。スタイリングの仕上げに毛先になじませ、艶感と軽やかな動きを与える。マンダリンオレンジ&ベルガモットの香り。アンケートの回答には、「完全にヘアケアの“定番”としているお客さまが多く、毎回購入する方も多い」といった声があった。(150mL、税込3740円)

3位 “mm スプレー”

「ミリ」

 ケアスタイリングブランドとして、自然由来でもケミカル級のキープ力やセット力のある製品作りを目指し、ケア性を重視したアイテムを展開している「ミリ」。「mm スプレー」は髪を根元から立ち上げ、ボリュームをコントロール。UVケア機能も搭載し、紫外線から地肌を守りながらふんわりスタイルを演出する。アンケートの回答には、「トップをふんわりさせたスタイルを作りやすい」といった声があった。(80g、税込2200円)


10月18日に「WWDBEAUTY」が
オンラインで
美容師向け「ヘア&メイク トレンドセミナー2022-23FW」
を開催(視聴無料)

 10月18日(火)20時より、「WWDBEAUTY 2022 ヘアサロン版ベストコスメ」の結果分析コーナーもある、美容師向け「ヘア&メイク トレンドセミナー2022-23FW」のライブ配信を行うので要チェック!

最新号紹介