ファッション

榎本実穂によるデニムトラウザーブランド「リヴィントーン」 アートをペイントした限定トラウザーを発売

 榎本実穂は、有力セレクトショップのバイヤーや人気ファッションブランドのディレクターとして活躍してきた、ファッション業界では知る人ぞ知る存在。現在はデニムに特化した「リヴィントーン(LIVINGTONE)」と、メンズ&ウィメンズウエアの「ミオズモーキー(MIOSMOKEY)」などのブランドを手掛けている。今春、「リヴィントーン」は公式ECを立ち上げており、6月24日に同EC限定商品のデニムトラウザーを発売する。

 限定商品は、「リヴィントーン」で人気の“ブレク”というモデルのオーガニックコットン製のデニムトラウザーに、榎本の友人のアーティスト、玉置容之によるハンドペインティングを施した。税込4万9500円。販売するのは全3型で、それぞれアートが描かれた位置が異なる。

 「リヴィントーン」は2021年秋冬に販売開始。ロンドンのリヴィントンストリートのストリートアートの前で撮った1枚の写真がブランドの着想源となっている。ブランド立ち上げ時に玉置が榎本自身をイメージしてアートを作成しており、今回限定商品にペイントしたアートもそれがもとになっている。