紙面紹介

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

 5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業種が手を取り合い、大きな資源循環の輪を広げる事例を紹介します。

 昨年、サステナビリティ領域において包括的な協働をスタートした花王とコーセー、世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)とユニリーバーなど実際にタッグを組み活動を推進する企業の対談を行いました。さらに、海外企業の連携についても紹介。Bコープ認証を受けた企業が連携したBコープ ビューティ コアリション(連盟)の各代表に互いのノウハウを共有しながらサステナビリティを推進する取り組みや狙いなどを聞きました。このほか、地域活性化に取り組む企業や、テラサイクル、ロスフラワーなどサステナブルな取り組みを掘り下げます。

 編集部の気になるニュース・トピックを取り上げるミニ特集では、今年設立50周年を迎えたナイキの戦略やファッション企業の2021年度決算まとめを紹介します。人気連載の「ミステリーショッパーが行く!」は、今年オープンした「スノーピーク ライフ ビオトープ ストア 二子玉川」に潜入します。最終面の「ファッション&ビューティパトロール」は、普段ビューティに関わる「WWDJAPAN」スタッフが本気で愛用する「マイベスト“サステナコスメ”」を紹介します。

COVER ILLUSTRATION : TOMOKO B. IWAWAKI
COVER DESIGN : JIRO FUKUDA

CONTENTS

FEATURE

  • 異業種・同業種のタッグが加速 ビューティ界サステナ事情

FOCUS

  • 50周年のナイキ キーパーソンが語る今とこれから
  • 2021年度決算まとめ ファッション企業回復は道半ば

SERIES

  • Beauty Insight ビューティ賢者が持論展開:Vol.76 労働環境の改善が顧客ニーズに応えることにつながる(田中公子/リクルート ホットペッパービューティーアカデミー研究員)
  • アトモスCEO・本明秀文のスニーカーライフ:Vol.99 東大生とメシ
  • “髪”の疑問にミルボンが答えます!:Vol.5頭皮と髪のエイジングケアの最前線は?

EDITOR’S LETTER

  • 制約を力に変えたデザイナー、篠原ともえ(向千鶴/編集統括)

EDITORIAL NOTE

  • 編集後記 今週の特集お届け隊:サステナビリティは“連携”で進めよう(牧田英子/ビューティデスク、新関瑠里/記者)

FASHION&BEAUTY PATROL

  • スタッフが本気で愛用 マイベストサステナコスメ

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら