ビューティ

「ボディファンタジー」が“フレフレフレグランスキャンペーン”を実施 アンバサダーにFAKYが就任

 
 化粧品の輸入製造販売を手掛けるフィッツコーポレーションは、アメリカ発フレグランスブランド「ボディファンタジー(BODY FANTASIES)」の日本上陸10周年を記念し “フレフレフレグランスキャンペーン”を実施する。アンバサダーにはJ-POP界注目のガールズグループ、FAKYを起用した。

 同ブランドは“フリージア”“ピュアソープ”“ホワイトムスク”をはじめ、これまでに100種類を超える製品を販売するなど豊富な香りのラインアップが特徴の一つだ。ロングセラーの“ボディファンタジー ボディースプレー”(50mL、税込545円/94mL、同935円)は、香水よりも軽い付け心地で肌や髪に使用できる。そのほか、部屋で香りを楽しむ“ボディファンタジー ファブリックリフレッシャー”(300mL、同880円)も展開する。

 アンバサダーのFAKYは2013年の結成以来、多様なルーツと各々の個性を武器に活躍の場を広げてきた。同社のグローバルな企業であり続けたいとの思いから、今回のアンバサダー起用に至った。バイタリティーあふれる5人が、好きな香りで自分らしさを楽しみたい全ての人にエールを送る。

 本キャンペーンはボディ、ファブリック用スプレーが対象となる。全国のコンビニやドラックストアなど、購入店舗ごとに限定デザインやオンラインイベント、オリジナルグッズの抽選を開催予定だ。対象商品の購入期間は5月1日〜6月30日。応募期間は5月14日〜6月30日となっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“衣食住働遊”を掲げ、5年で売上2.5倍! 躍進するスノーピークの秘密

5月23日発売の「WWDJAPAN」は、スノーピーク特集です。アウトドアメーカーとして知られる同社は、今最も勢いのある企業のひとつ。コロナによる自然回帰の流れもあり、2021年12期の売上高は過去最高の257億円を達成し、ここ5年で2.5倍に成長しています。キャンプ道具だけでなく、アパレルや住まい、温浴施設、オフィス開発など、“衣食住働遊(どう・ゆう)”を掲げた多様な事業でアウトドアの価値を発信し…

詳細/購入はこちら