ファッション

「アンブッシュ」がテクニカルファブリックに触発された“アンブッシュ ワークショップ”のルックを公開

 「アンブッシュ(AMBUSH)」は、テクニカルファブリックに触発された新ベーシックカテゴリー“アンブッシュ ワークショップ(AMBUSH WKSP)”の2022-23年秋冬のルックを公開した。

 ハート型のカットアウトでパワフルかつ女性らしいシルエットを実現したドレスを作ったり、スタジャンに異なる長さのカラーブロックパネルをはめ込んだりする中で、ロゴ入りニットは太陽光に当たると色が変化する仕様とした。これは自然とテクノロジー、双方への関心を表現したもので、雨に濡れるとモノグラムが浮かび上がるウオーターセンシティブコートもリリースする。色彩ではビタミンカラーがアクセントを加え、ブラックとブラウンが全体を引き締める。

 また、ブランドとして初めてリサイクルコットンとオーガニックコットンを併用する。テーラードのピンストライプ生地はリサイクル素材で、ジャージー素材は全てオーガニックだ。

 フットウエアでは「アンブッシュ」の2つの人気スタイルを登場させる。原色系のラバーブーツとスニーカーだ。全てイタリアメードのハンドバッグはソフトカーフとナパレザーで作られ、シルエットはブランドの頭文字“A”を模したもの。ブランドのDNAであるジュエリーでは、天然石を散りばめたイチゴ、チェリー、バナナなどをローンチする。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。