ビューティ

盛っていないのに美人度が上がる “大人の韓国女優メイク”のノウハウを収録した書籍が登場

 主婦の友社は、韓国ドラマのヒロインのような“盛っていないのに美人度が上がるメイク”のノウハウを収録した“読むだけで韓ドラヒロインに近づける 大人の韓国女優メイク”(税込1496円)を発売した。

 派手な顔立ちではないのに、なぜか惹きつけられる韓ドラヒロインの顔。韓国メイクのテクニックを研究してきたヘアメイクアップアーティストの石川ユウキが、清楚なのに華やかな韓国女優風メイク&ヘアを、日本人が取り入れやすいテクニックとして解説。“頬から下を首にする”など独自の骨格矯正メイクで、すっぴんから別人級に変身する彼女たちの美しさを再現している。

 “ファンデーションの量は最小限で丸く塗る”“おでこにも影を作っておでこを丸くする”“地眉を無視して眉下ラインを描く”“淡い色を何層にも重ねて平面的な目を印象的に”“明るい眉マスカラで地眉の色を消す”など、これまでのメイク法の常識を覆す独自のハウツーが満載だ。

 著者の石川ヘアメイクアップアーティストは、ヘアサロン勤務を経てヘアメイクアップアーティストとして独立し、現在はスリーピースに所属。韓国メイクを日本人女性向けに落とし込んだ“ハニルメイク”の考案者として話題に。韓国文化や韓国コスメに精通し、タレント、俳優、アーティストなどからの指名も多く、メンズヘアメイクの分野でも活躍中。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら