ビューティ

バンズを卵で代用したハンバーガー“エッグウィッチ”が完全グルテンフリー化

 快適過ぎて動けなくなる魔法のソファ「ヨギボー(YOGIBO)」を展開するウェブシャークは、運営するエッグウィッチ専門店“ドン・ウォーリー・エッグウィッチ”で、全てのバーガーメニューを完全グルテンフリー化した。

 “エッグウィッチ”とは、ハンバーガーのバンズを卵で代用したアメリカ生まれのバーガー。低糖質なうえにタンパク質を豊富に摂取できることから、アメリカでは注目のヘルシーフードになっている。一般的なハンバーガーの場合、バンズに小麦を使用しているため1個当たりの糖質が約28.8gと高いのに対し、“エッグウィッチ”は6.8g。タンパク質は一般的なハンバーガーが約12.8gなのに対し、26gと豊富に含まれている。
 
 同店では、このたび商品改良により、従来のレシピでは小麦が含まれていたテリヤキソースやケチャップなどのソース類を新たに独自開発し、バーガーメニューの完全グルテンフリー化に成功した。これにより、糖質制限中の人や小麦アレルギーの人でも、より安心して食べられるようになった。

 また、裏メニューとして人気を博していた“ビッグエッグウィッチ”(税込690円)が定番メニュー化。バンズ3枚、パティ2枚とボリューミーで、食べごたえNo.1メニューとなっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら