ビューティ

「ジョンマスターオーガニック」が表参道に直営路面店オープン 限定精油も発売

 ジョンマスターオーガニックグループは7月15日、「ジョンマスターオーガニック(JOHN MASTERS ORGANICS、以下JMO)」の直営路面店を東京・表参道にオープンする。全製品を扱うほか、同店限定のエッセンシャルオイルなどをそろえる。

 「ジョンマスターオーガニック青山店」は、“グリーン ビューティ プレイス”がテーマ。リラックスして買い物ができるよう、包み込まれるような空間を創出した。洞窟のような煉瓦色の壁面で天井をあえて低く設定し、照明も落として居心地の良さを演出する。店舗面積は92平方メートル。入り口を入るとショップエリアで「JMO」の全製品を並ぶ。タッチアップスペースにはデザイン会社のカルテルジャパンがAI(人工頭脳)により設計した100%リサイクル素材の椅子を採用した。

 ショップエリア奥には、眠りをテーマにした施術ルーム「ザ サロン」を用意。完全予約制の個室でヘッドスパなどを提供する(今秋オープン予定)。さらに奥にはロイヤルユーザーが使用できるラウンジが位置する。カルチャー発信基地としての役割を担い、ギャラリーやイベントスペースとしても活用する計画でアーティストのインスタレーションやアートの展示・販売を行う。ストーリー性のある植栽設計や空間設計を得意とするヤードワークスが手掛けた東洋と西洋を融合したガーデン(面積13平方メートル)も併設し、ゆったりとした時間を体感できる。

 情報発信基地としての役割を果たす青山店は「入り口の展示スペースにはリサイクルボード、キャッシュトレイやコースターなどは間伐材、壁面には古材パネルを採用するなど、店舗の随所で環境に配慮した取り組みを行っている」(宇佐美和也コミュニケーションデザイン部ディレクター)のも特徴だ。地域に根ざし「JMO」の世界観を十分に味わえるよう滞留時間が長い店舗作りを目指す。今後、主要都市に同様の直営路面店を開設する予定だ。

 現在、同社は百貨店やショッピングセンターなどに約50店舗を展開する。コロナ禍に入り、EC売り上げが好調で毎月、平均して前年同月比60%増と伸長する。5月には店舗とECのポイントサービスを統合し、顧客の利便性を高めた。全国に50万人の会員を有しロイヤルユーザーが3%程度を占める。青山店はロイヤルユーザーが「ザ サロン」の予約を優先的にできるほかラウンジの使用も可能となる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら