ファッション

「アディダス オリジナルス」パーティーにファレルが登場 一夜限りのアソビ場は“ハッピー”に

 「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」は8月17日、「セレブレーションパーティートウキョウバイファレル・ウィリアムス&ユーン(CELEBRATION PARTY TOKYO by Pharrell Williams & YOON)」を品川の寺田倉庫で開催した。ゲストには、来日したファレル・ウィリアムスと、「アンブッシュ(R)」のデザイナーであるユーンが壇上した。

 パーティーでは、DJ DARUMA&JOMMYが選曲し、奥田和久/KAZのパフォーマンスアートや、Kikky、NUMBERSによるダンスパフォーマンスなどが行われた。会場内には巨大なスニーカーが突き出したDJブースや、「プレイグラウンド(PLAYGROUND)」をコンセプトにしたインスタレーションを設置し、“一夜限りのアソビ場”を表現した。約700人が参加したこのパーティーには、音楽プロデューサーのバーバル(VERBAL)をはじめ、俳優の佐藤隆太や双子モデルのAMIAYAなど、芸能人やモデルが数多く来場した。パーティー中盤に登場したファレルは、「クリエイティビティーとは、創り続けること、枠にとらわれないで考えること、ただそれだけ」と語った。

 このパーティーは、「‪#‎オリジナルスーパースターペイ・イット・フォワード(‪#‎OriginalSuperstar -Pay It Forward)」と題した、スニーカー“スーパースター”のグローバルキャンペーンのローンチを記念して行ったもの。同プロジェクトでは、ファレルが真のスーパースターとして認める5人のクリーエーターを選出し、「#OriginalSuperstar」のハッシュタグと共にメッセージを発信。ファレルに選ばれた5人がSNSを通じて次のスーパースターを指名し、そのサイクルが拡散される。

 日本では、ファレルに選ばれたクリエーターの1人であるユーンが中心となり、「スーパースター プレイグラウンド(SUPERSTAR PLAYGROUND)」と題したプロジェクトを始動する。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら