ファッション

漫画「左ききのエレン」のコートが商品化 パパラッチ防止機能も忠実に再現

 デジタルコミックを扱うナンバーナインは、漫画家かっぴーの作品「原作版 左ききのエレン」に登場するコート“AK5 新月”を予約販売する。リフレクター素材(24万2000円)と、高密度のコットン生地“ベンタイル”(9万9000円)の2型で、中目黒のセレクトショップBINと共同制作した。7月18日まで予約を受け付け、11月末から順次発送予定。

 “AK5 新月”は、物語の主人公・山岸エレンが着用するアイテム。街中でグラフィックなどを描く際、パパラッチの盗撮から逃れるため、カメラのフラッシュに反射するリフレクター素材を採用している。“AK”は作中に登場する架空のブランド「キシ アンナ」のストリートラインの名称だ。予約開始に合わせて、パパラッチから逃れる作中のシーンを再現した動画も公開した。

 漫画「左ききのエレン」は、広告業界で活躍するクリエイターの群像劇を描いた作品。原作者のかっぴーは美術大学を卒業後、広告代理店でクリエイターとして活動。業務のかたわら独学で漫画を学び、独立。デジタルプラットフォームを中心に、精力的に作品を発表する。今夏、漫画から派生したクリエイティブスタジオ「アントレース」を法人化する予定。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら