ビジネス

大丸松坂屋はハンカチ、靴下など婦人雑貨の営業も継続 

 大丸松坂屋百貨店は4都府県の緊急事態宣言を受け、当該地域の9店舗を4月25日から当面の間休業する。食料品、化粧品、一部の婦人洋品の売り場は、政府が提唱する「生活必需品」の範疇として時短営業する。

 対象店舗は大丸心斎橋店、大丸梅田店、大丸東京店、大丸京都店、大丸神戸店、大丸須磨店(神戸市)、大丸芦屋店(兵庫県)、松坂屋上野店、松坂屋高槻店(大阪府)。

 婦人雑貨では、靴下やストッキング、ハンカチなど日用品・消耗品を取り扱う区画は営業を継続する。20年4〜5月の緊急事態宣言による休業時に「お客さまからの要望が高かった」(親会社のJ.フロント リテイリング広報)ことがその理由。かばんや靴、アクセサリーなど装飾性・嗜好性の高い商品を扱う売り場は対象外となる。「休業によるダメージは避けられないが、昨年の(店舗休業の)教訓を生かし、ライブショッピングやECを少しづつ強化してきた。そういったもので、補完していける部分はできるだけ補完していきたい」。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら