ビジネス

大丸松坂屋はハンカチ、靴下など婦人雑貨の営業も継続 

 大丸松坂屋百貨店は4都府県の緊急事態宣言を受け、当該地域の9店舗を4月25日から当面の間休業する。食料品、化粧品、一部の婦人洋品の売り場は、政府が提唱する「生活必需品」の範疇として時短営業する。

 対象店舗は大丸心斎橋店、大丸梅田店、大丸東京店、大丸京都店、大丸神戸店、大丸須磨店(神戸市)、大丸芦屋店(兵庫県)、松坂屋上野店、松坂屋高槻店(大阪府)。

 婦人雑貨では、靴下やストッキング、ハンカチなど日用品・消耗品を取り扱う区画は営業を継続する。20年4〜5月の緊急事態宣言による休業時に「お客さまからの要望が高かった」(親会社のJ.フロント リテイリング広報)ことがその理由。かばんや靴、アクセサリーなど装飾性・嗜好性の高い商品を扱う売り場は対象外となる。「休業によるダメージは避けられないが、昨年の(店舗休業の)教訓を生かし、ライブショッピングやECを少しづつ強化してきた。そういったもので、補完していける部分はできるだけ補完していきたい」。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら