ビューティ

「ジーユー」のコスメが全店販売に拡大 ベースメイクや“香り”アイテムも新登場

 「ジーユー(GU)」は3月15日、昨年9月に発売したオリジナルコスメ「フォーミーバイジーユー(#4ME BY GU)」の2021年春夏コレクションの販売を開始した。従来は大型店など一部店舗とECで販売していたが、21年春夏からは全店とECでの販売に拡大する。また、リップやアイシャドウなどのカラーメイク商品に加えて、コントロールカラーやフェイスパウダーなどのベースメイク商品と、コロナ禍以降市場で好調な“香り”アイテムもラインアップに加えた。

 「私にやさしく、ラクにかわいく」「エフォートレス」といったキーワードに沿って、「簡単に、自然な仕上がりになる商品を大幅に拡充した」という。前シーズンも出していたリップ(590円、8色)、リップグロス(790円、3色)、クリームアイシャドウ(590円、4色)、マルチパレット(1490円、4色)の4商品に加え、9商品が新たに加わり、パワーアップした。新商品は、アイシャドウ(590円、8色)、マスカラ(790円、4色)、アイブロウマスカラ(790円、2色)、アイブロウパウダー(790円、2色)、コントロールカラークリーム(990円、4色)、フェイスパウダー(990円、1色)、ハイライト(990円、2色)、フレグランスミスト(790円、4種)、フレグランスハンドクリーム(790円、4種)。

 全13商品のうち6商品を全店で販売する。590~1490円という「ジーユー」らしい“プチプラ”価格ながら、日本製で茶葉エキスやサトザクラエキスなどの天然保湿成分を配合している。春夏のファッション提案とも連動した色の打ち出しもポイントだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら