フォーカス

爆裂!健康美容マニア道 美肌もダイエットも全部かなえる究極の温熱療法、米ぬか発酵風呂

 1日8食、ジャンクフード漬けの超不健康児から超健康優良児へと大変身を遂げたフリーアナウンサーの名越涼。およそ15年かけて自らの体で人体実験を繰り返してきた結果、“超絶良かったもの”だけをここで余すことなくお伝えする。今回は米ぬか発酵風呂について。

血液は全身を巡る美容液

 最近、思う。健康と美容の源は、つまるところ“血行”なのかもしれないと。そういえば昔、通っていたエステの店長(全身うる艶の美魔女)がよく言っていた。「血液は全身を巡る美容液。だから血行を良くすることが美への近道なのよ。ふふ♡」と。そう、そうなのだ。血液をサラサラにし、全身の隅々まで栄養を行きわたるようにすればただ生きているだけで、日々美しくなれるのだ。うん、それ最高すぎる。ということで、今回は“レッツ!体内de美容液まつり”。それをかなえてくれる究極の温熱療法「米ぬか発酵風呂」をご紹介しよう。

超絶・発汗!米ぬか発酵風呂とは?

 およそ70℃に自然発酵させた米ぬかの中に入る温熱療法。ほっかほかの米ぬかで全身を包むことで体が内側から温められ、頭のてっぺんから足の指先まで血行が促進される。全身に血が巡って新陳代謝が活性化、老廃物の排出も一気に促されるというまさにスーパーデトックス風呂。入酵時間はわずか15分ほどだが、2時間近く有酸素運動をした分のカロリーが消費でき、マラソン15㎞の運動量とほぼ同じくらいの発汗作用もあるのだそう。だから、汗の量が尋常じゃない。それは例えて言うなら「え?私の前世、ナイアガラの滝?」と思うほど(どんなこっちゃ)。このように体の反応はすぐに出るものの、発酵熱はゆったり吸収されるので負担なく自己治癒力を高めることが期待できる。それだけじゃない。米ぬかにはビタミンやミネラルが豊富に含まれているし、なにより酵素がたっぷり。入るだけで、全身しっとりつるつる。もうこれ知っちゃったら、入るしかないでしょ。

超イチオシ!ぬか職人のいる米ぬか発酵風呂

 愛知県・栄にあるホットスパブラン(HOT SPA BRAN)との出合いはおよそ10年前。驚くほどの発汗と全身の温まり、さらに肌のツルスベUPに感激。疲れで完全に酸化していた体に血液が巡り、顔色も改善。それから各地の酵素風呂を試したものの、やっぱり戻ってくるのはここ。ホットスパブランが、何においても断トツなのである。1番の違いはやはり米ぬかの質の良さ。米ぬかを自然発酵させるのはたくさんの微生物たち。つまりは生き物。その日の天気や湿度、乾燥など、わずかな変化でも米ぬかの状態は左右される。だからこそ、どんな時でも常に最適な自然発酵を促すことのできるプロのぬか職人が必要なのである。ホットスパブランには、ちゃんとその職人がそろっている。いつでも「最高!」と叫びたくなる米ぬか発酵風呂を提供してくれるから、出張の時には何が何でも行くし、しばらく行けなくなると、とてつもなく恋しくなるのだ。

 では、どんな風に入酵するのか見ていこう。まずは水分補給から(ちなみに、発汗を促してくれる水素水の飲み放題♡)。発酵風呂は一つ一つが個室のようになっていて、誰を気にすることもなく入れる嬉しさ。さっとシャワーで汗を流し、いざ入酵。紙ショーツや紙ブラ、シャワーキャップなども備え付けてあるが、私は基本全裸。全身に酵素や栄養をダイレクトに届けたいので、生まれたまんまの姿で米ぬか風呂へと沈んでいく(この日は急いでいたので時短を考えシャワーキャップを装着)。

 埋まった。プロのぬか職人がその日の体調などにあわせ、温度を調整しながら手でかけていってくれる。私は常に「激熱で!」とドヤっているので、希望通りの激熱をたっぷり体にのせてくれる。たまに「ぬあぁ・・☆△◎!!」と声が漏れ出るほどの時もあるが、その熱を体が自然に吸収してくれるので全くつらくない。全身にお灸を据えられている、この感じが気持ちいいのだ(ちなみにこの日は68℃のぬかが体にのりました♡)。


 目も奥まで温まってじーんわり。およそ15分前後入った後、シャワーを浴びて終了……しないのがここの素晴らしいところ。休憩スペースがあり、ここでゆっくり体温を下げながら「第2の発汗」をすることができるのだ。ダブルの発汗で体中の毒素をしっかり出し切ろう。


 どーん。「どんだけ冷えとんねん・・」と突っ込みたくなる足のこの感じ。しっかり芯まで温まり、入酵終了。前回の冷凍美容と真逆だが、どちらも共通しているのは「血の巡りを劇的に良く」すること。究極に冷やすか、究極に温めるか。ぜひ自分に最適な方法を見つけてほしい。

名越メモ
ホットスパブラン
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄5-7-30
TEL 052-261-0260
入酵料金 3980円(1回)

名越涼/フリーアナウンサー。香港出身。福井と愛知のテレビ局アナウンサーを経て独立。司会やライター、セミナー講師、企画・プロデュースなど幅広く活躍するパラレルワーカー。趣味・特技は手作り発酵食、食文化研究、ヨガ(歴15年)eスポーツと農業にも精通

最新号紹介

WWD JAPAN

「セレクトショップ特集2020」今、ファッションビジネスに必要なことは?目から鱗のユニークなアイデアが満載

「WWDジャパン」11月23日号は、約1年ぶりとなる「セレクトショップ」特集です。今年は“ウィズコロナ時代にセレクトショップに必要なこと”をテーマに、ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)、ベイクルーズ(BAYCREW’S)、ビームス(BEAMS)、アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)、デイトナ・インターナショナル(DAYTONA INTERNATIONAL)、バーニーズ …

詳細/購入はこちら