ファッション

「アディダス オリジナルス」が「ノア」とのコラボコレクションを発売 サステナブルなモノ作りに着目

 「アディダス オリジナルス(ADIDAS ORIGINALS)」は8月27日に、米ニューヨークを拠点とする「ノア(NOAH)」とのコラボコレクションを発売する。公式オンラインストアやアディダス オリジナルス フラッグシップ ストア 原宿などで取り扱う。

 同ブランドのアイコニックな“トレフォイル(三つ葉)”にフィーチャーしたライフスタイルコレクションと、「ノア」の創業者であるブレンドン・バベンジン(Brendon Babenzien)のランニングへの情熱にインスパイアされたパフォーマンスコレクションを用意する。

 ライフスタイルコレクションは、スニーカー1型、アパレル4型、アクセサリー2型の全8型をそろえる。スニーカーは1972年に誕生したSLシリーズの初代モデル“SL72”をベースに、プラスチック廃棄物をアップサイクルして生まれた新しい素材“プライムブルー(PRIMEBLUE)”をアッパーに採用して製作した。価格は1万2000円で、ブルーとグリーンのツートーンカラー、ブラックカラーの2色展開だ。そのほかリサイクル素材を30%使用したスエットやTシャツ、ショーツのアパレルから、ナップサック、ソックスなどのアクセサリーまでをラインアップ。価格は2990〜1万5000円。

 パフォーマンスコレクションは、“SL72”をインスピレーション源に製作したエントリーランナー向けの新モデル“SL20”(2色、各1万6000円)、全てリサイクルポリエステル100%で製作したマドラスチェックが特徴のランニングジャケット(3万円)、ランニングショーツ(1万1000円)、ランニングキャップ(6490円)をそろえる。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら