紙面紹介

“ジーンズ健康化”計画が着々と進行中! デニム特集2020

 「WWDジャパン」8月3&10日合併号は「デニム特集」です。“リジッド”“ストレッチ”以降の明確なトレンドがなく、数年来“冬の時代”が続くデニム業界。その一方で、“売れる”わけではないがカジュアルファッションのMDから外すこともできず、行くも戻るもできない状態でした。そこに久しぶりに分かりやすいキーワードが現れました。それが“健康”です。女性たちの美の追求が高まり、その延長線上に“健康”が登場したのです。まだとても小さな“芽”ですが、皮肉にもコロナショックが後押ししています。ほかにも1.9兆円ブランド「ユニクロ(UNIQLO)」の次なる一手や、逆風の中でもセレクトショップで売れているアイテムについてもフォーカスします。ニュース面では、7月21日に急性骨髄性白血病により死去したファッションデザイナーの山本寛斎氏への追悼メッセージを世界中から集めました。さらに新型コロナの影響で、史上初のデジタル開催となったファッション・ウィークを“正統派”と“技巧派”に分けて解説します。

 川島蓉子・伊藤忠ファッションシステム取締役兼ifs 未来研究所所長の「蓉子の部屋」連載では、藤野英人レオス・キャピタルワークス代表取締役会長兼社長を2回目のゲストに迎えます。菅付雅信グーテンベルクオーケストラ社長の「不易と流行のあいだ」は、“カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)から学べること”の後編。最終面のファッションパトロールは、デジタル・ファッション・ウイーク中に公開された「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」と「ヴァレンティノ(VALENTINO)」の動画の謎に迫ります!

CONTENTS

IN FOCUS

  • “ジーンズ健康化”計画 着々と進行中

EDITOR’S VIEW

  • 行くぞッ!行くぞ〜!

NEWS

  • “ファッション業界の元気印”、死す 世界中から届く山本寛斎を悼む声
  • 2021年春夏メンズコレクション ショー形式で服を直球アピール

SERIES

  • ifs未来研究所所長が未来について考える 川島蓉子の「蓉子の部屋」:Vol.2
  • 菅付雅信「不易と流行のあいだ」:Vol.12 カール・ラガーフェルドから学べること(後編)
  • ファッション業界人物列伝:浜野総合研究所代表取締役社長/浜野安宏 第16話
  • アトモス社長・本明秀文のスニーカーライフ:Vol.58 店舗の役割

FASHION PATROL

  • 「マルジェラ」と「ヴァレンティノ」の“うれしい裏切り” 史上初デジタル版パリコレの2つの衝撃

WEEKLY SCHEDULE

  • 8月3日〜8月16日

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら