ファッション

ジャーナル スタンダードの2020-21年秋冬 異なる要素を大胆にミックス

 ジャーナル スタンダード(JOURNAL STANDARD)の2020-21年秋冬は、グランジやミリタリーなど、異なる要素を大胆にミックスしたレイヤードスタイルを強く打ち出す。例えば、リブニットのトップスにジャカードパンツを合わせたり、ワンピースにMA-1を羽織ったりなど、テイストはさまざまだが「どれもブランドのベースにあるマニッシュさと、一枚でも着られるアイテムを軸にした」と池田彰ジャーナル スタンダード レディース ディレクターは語る。足元にはロングブーツやサイドゴアのシューズを合わせて、8月の残暑の時期からリアルに取り入れられる秋冬のトレンドアイテムを打ち出す。

 9月からは、レイヤードスタイルを継続しつつクラシックやレトロなムードを追加。チェック柄のジャケット&パンツのセットアップやレトロな花柄のワンピース、レザー風のロングスカートなど、素材や柄をハイブリッドに組み合わせて、コーディネートに新鮮さをプラスする。

 一方で、新型コロナウイルスの影響による外出自粛期間中に「自社ECでカットソー商品が例年の1.5倍ほど動いた」という傾向から、カットソー素材のトップスやボトムス、イージーケアできるニット、シャツなどのバリエーションを秋以降に充実させていく予定だという。すでに「シーズンレスの商品は全体の4割ほど」と他社に比べて多く、先物買いの商品に関しても「ECで先行予約を行い、オンシーズンにお客さまのもとに届くセール回避の流れをつくっていきたい」と池田ディレクターは語る。


 ジャーナル スタンダードでは、人気ブランドや著名人とのカプセルコレクションを続々と投入する。7月20日からモデルの青柳文子とコラボレーションしたウエア6型を販売し、8月下旬には「クラネ(CLANE)」との別注アイテムをポップアップイベントで展開予定だ。9月末をめどに、人気ビンテージショップ「キアリス ヴィンテージ&クローゼット(KIARIS VINTAGE & CLOSET)」とコラボレーションしたウエア6型の発売を予定する。

村上杏理:1986年、北海道生まれ。大学で日本美術史を専攻し、2009年にINFASパブリケーションズ入社。「WWDジャパン」記者として、東京のファッション・ウイークやセレクトショップ、販売員取材などを担当。16年からフリーランスで、ファッションやライフスタイル、アートの記事執筆・カタログなどを手掛ける。1女児の母

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ストリートスナップで探る22年春夏の「売れるトレンド」/追悼:ヴァージル・アブロー

「WWDJAPAN」12月6日号は「2022年春夏リアルトレンド特集」。緊急事態宣言が明けて約2カ月がたち、都内の繁華街にもにぎわいが戻ってきました。ファッションは世相の写し鏡。世の中の20-30代の女性は今、どんな服装をしているのか?編集部は街に繰り出し、ストリートスナップを実施しました。裏表紙からは、急逝したヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)の追悼特集。「オフ-ホワイト c/o …

詳細/購入はこちら