ファッション

アイウエア業界からSDGs宣言 日眼協と福井県鯖江市の協力で「めがね会館」に拠点設置

 主要な眼鏡8団体で構成される日本眼鏡関連団体協議会(以下、日眼協)は、2020年の事業計画の一つにSDGs(持続可能な開発目標)の推進を掲げてSDGs推進委員会を設立し、眼鏡の産地福井県鯖江市と協力するなどして活動を進めている。

 白山聡一・日眼協副代表幹事が初代委員長を務める同委員会はSDGsの取り組みについて、「快適な視覚“クオリティ・オブ・ビジョン”を提供する眼鏡産業の基本的な使命とマッチしている。日本の眼鏡業界は中小企業が多く、個別に取り組むことに限界があるため、日眼協が全方位で啓発活動を広げられると期待している」とコメントした。

 鯖江市も数年前からSDGs推進に取り組んでおり、市役所内に「めがねのまちさばえSDGs推進本部」を設置するなど、持続可能な街作りを進めている。昨年末はアンワルル・K・チャウドリー(Anwarul Karim Chowdhury)国連大使が鯖江市を訪れ、「さばえSDGs推進シンポジウム」に出席したほか、牧野百男市長や日眼協関係者らと記者会見を行い、SDGsを発信する拠点を「めがね会館」に設ける方針などを発表した。鯖江市によると、この拠点は今秋からの稼働を目指している。

 同委員会の今後の活動については、「10月1日メガネの日」や国連が定める記念日と連動したキャンペーンなどを計画している。また10月27日から3日間、東京ビッグサイトで行われる「IOFT国際メガネ展」でもアイウエア業界のSDGsのメッセージが発信される予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら